心に響く言葉♬

 

 

先日のある番組。

 

 

今年の1月まで朝日新聞に勤め、キャリアを積んでこられたそう。

 

 

仕事を辞めて、インドの病院で、

「ソー、エミコ アーユー  ハッピー」 


退職を機に体調不良を整えようとインドの療養施設に滞在した際 、

肩こり、不眠、ストレスによる湿疹など延々と続く。

 

 

ウンウンと聞き 取った医師が最後に尋ねた言葉。

 

 

「それで、あなたは幸せなの?」 

 

 

虚を突かれた思わずたじろぐ 。

 

 

 

私たちは何かを手に入れて幸せになろうとしている、

 モノ、お金 、そして健康、でも手に入らなければ不幸なのか? 

 

 

例えば病人は不幸なのか? 

 

 

だとすれば、

私たちは皆、不幸にまみれて一生を終わるのだ。 

 

だって病と死からは誰も逃れられないもの。 
でも本当は病人だってモノ、お金がなくたって幸せになれるはず 。

 

肝心なのは何かを手に入れることじゃないハッピーになること。 

 

 

「ある」幸せがあるなら「ない」幸せがあっていいじゃない 。

 

 

そう考えると意外なほど心は浮き立つ、人生は自由だ 、

そしてどこまでも開かれている。  

 

 

 

アーユー  ハッピー? 

 

 

稲垣えみこさん情熱大陸

 

 

50歳、人生の分岐点に立ったからこそいえる言葉かもしれません。

 

 

 

今の私には、まだ前を向いて走るしかない。

だけど、数年後、こういう生き方があってもいいのかもしれません('ω')ノ